・藤沢数希「ぼくは愛を証明しようと思う。」を読んだ感想





今回は、



ぼくは愛を証明しようと思う。



を読んだ感想についてです。



以前から話題になっていたのですが、なかなか読めず・・・



今回、やっと読むことができました。



基本的な内容は、



モテない男がモテるようになる話



なのですが、このモテるようになるやり方が、合う人と合わない人がいる気がします。




実際、ナンパを始めて、恋愛工学をマスターしていく主人公は、モテるようになっていきますし、恋愛工学は実践的でもあるので、現実でも使える可能性は高いです。



しかし、このような考え方を柔軟に受け入れることができる人と、そうでない人は出てくると思います。



モテる気がないのなら、それで良いのかもしれませんが、モテたいのなら、チャレンジする価値は十分にあると思います。




また、普通に恋愛小説としても面白い小説で、文章は村上春樹風に仕上がっているな、という印象でした。



まだ読んでいない人は、ぜひ一度手にとってみられてはいかがでしょうか。



恋愛工学をマスターしたい人はこちら ぼくは愛を証明しようと思う。

それでは。



  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。